新築の注文住宅をローコストで建てたり、平屋で建ててみませんか?愛知県名古屋市・犬山市で家づくりならタカスイホーム

BLOG

HOME > タカスイホームブログ > ローコストでの家づくりならタカスイホーム 04

ローコストでの家づくりならタカスイホーム 04

2020年8月3日

ローコストでの家づくりならタカスイホーム 04

 

名古屋市を中心として、犬山市など広く愛知県内において、「あなたとあなたの家族が毎日を快適に楽しく暮らせる家作り」をテーマに、ローコストでありながら高品質な住宅性能を持つ「1000万円台での新築住宅」や都会での暮らしにぴったりな「狭小住宅」、また、空間をゆったりと贅沢に使った「平屋」など、お客さまのご希望に沿うようなこだわりのある注文住宅や新築住宅の建築をご提案、施工させていただいております工務店、「タカスイホーム」です。

 

読者のみなさま、こんにちは。「タカスイホーム」広報担当のAです。

建築費用には大きく分けて、「材料費」と「広告宣伝費を含む人件費」そして「諸経費」の3つがあるということを前回お伝えしました。

その中で、「広告宣伝費を含む人件費」もコスト断を測ることができる費用です。

広告宣伝費とは、テレビやラジオでコマーシャルを打ったり、営業マンが日々様々な場所へ出かけて営業をかけたり、または住宅展示場やモデルハウスを建ててお客様をまねいたりというような、自社の製品を広く一般に知ってもらうための活動のことを指します。

こうした活動にかかる費用は、どうしても建築コストに反映されます。

企業名や商品名を一般に広く認知してもらえればしてもらうほど、その商品は売れやすくなります。誰もが名前を知っているということは、商品の品質や企業の内情などとは関係なく、それだけで信頼度が増すという状態になるからです。それをイメージ戦略と言い、このイメージ戦略を推し進めるために企業は広告宣伝費にお金をかけるわけですが、しかし住宅の建築に関して言えば、建材や設備機器の品質が向上するわけでもないのに、ただ広告宣伝費が建築費用に上乗せされるというのはどうにも納得がいかないと思われるのも当然です。

だからこそ「タカスイホーム」では、この広告宣伝費をできる限り削り、コストの削減を図っています。

 

「タカスイホーム」には、お客様の理想や夢を形にするための技術力や、よりよいものをご提案する提案力、そしてそれを実現する高度な設計力、さらに、お客様のことを第一に考えて動く対応力があります。

「タカスイホーム」の家づくりは、家を建てればそこで終わりではありません。むしろそこからが始まりであると考えます。お客様のご家族が、末永く安全に、快適に、安心して暮らせるよう、保障やメンテナンスといったアフターサービスも万全の体制を整えております。

愛知県内にて、1000万円台で注文住宅を建てたいとご希望のかたは、是非「タカスイホーム」にお任せください。

 

資料請求&お問い合わせ

愛知県・名古屋で注文住宅・新築住宅などの
家づくりの事ならタカスイホーム

タカスイホーム

presented by 高水コーポレーション×高水工業

お気軽にお問い合わせください!
お問い合わせはお気軽にどうぞ! 052-526-9900 メール 資料請求 会社概要 アクセス pagetop
  • お電話でお問い合わせ
  • メールでお問い合わせ