新築の注文住宅をローコストで建てたり、平屋で建ててみませんか?愛知県名古屋市・犬山市で家づくりならタカスイホーム

BLOG

HOME > タカスイホームブログ > タカスイホームで住宅性能にこだわる家づくり04

タカスイホームで住宅性能にこだわる家づくり04

2019年11月18日

タカスイホームで住宅性能にこだわる家づくり 04

 

名古屋市を中心として、犬山市など広く愛知県内において、「1000万円台での新築住宅」や「狭小住宅」「ローコスト住宅」「平屋」など、お客さまのご要望に沿うようさまざまな注文住宅や新築住宅の建築を提案させていただいております、タカスイホームです。

 

読者のみなさま、こんにちは。タカスイホーム広報担当のAです。

今回は住宅性能について取り上げています。

住宅の性能を評価する十個の物差しのうち、前回は住宅の基本構造部分の安定と、火災時の安全のふたつをご説明しました。今回はその続きです。

三つめは、劣化の軽減です。住宅は、水分や湿気、大気中の汚染物質、あるいはシロアリなどの害虫による影響で、腐蝕やサビなどが発生し、時間の経過によってどうしても劣化します。

この基準は、そうした劣化の進行を遅らせるための対策がどこまで取られているかを評価します。

性能表示項目としては、劣化対策等級があり、防腐対策、防蟻対策、防湿対策などが為されてあるかどうかで等級を決めます。

四つめの維持管理更新への配慮とは、おもに配管の清掃や補修のしやすさのことを指します。三つめの、劣化の軽減は、建物の構造躯体という耐用年数が長い箇所の評価でありますが、こちらは比較的耐用年数の短いものに対する評価ということになります。性能表示項目としては、維持管理等級というものになります。

五つめは、省エネルギー対策です。屋内で快適に過ごすためには温度や湿度の調整が必要となってきますが、そのためのエネルギーが、構造躯体への断熱対策などで、できる限り削減されているかどうかを評価します。

六つめは、シックハウス対策・換気です。建材に悪質な化学物質が含まれていないかどうか、そして住宅の構造が適切に換気ができるものかどうかを評価します。

七つめは窓の面積です。窓は換気や採光のために必要不可欠なものですが、適切でない場所にあると騒音を取り込むことになったり、プライバシーが確保できなくなったりとトラブルの原因になるため、住宅性能項目によってその適正さを評価します。

資料請求&お問い合わせ

愛知県・名古屋で注文住宅・新築住宅などの
家づくりの事ならタカスイホーム

タカスイホーム

presented by 高水コーポレーション×高水工業

お気軽にお問い合わせください!
お問い合わせはお気軽にどうぞ! 052-526-9900 メール 資料請求 会社概要 アクセス pagetop
  • お電話でお問い合わせ
  • メールでお問い合わせ